comogomo

歯と口の健康週間 [Vol.6]


sugi_6

 

6/4に生誕アニバーサリーを迎えました、杉本です。

 

そして、わたくしの生誕アニバーサリーとともに

「歯と口の健康週間」も始まったようです。

 

 

 

今年の標語は

「健康も 楽しい食事も いい歯から」

・・とのことですよ。

 

 

 

 

 

カバやくじらのハミガキイベントなどの関連ニュースが、

地方版のニュースに ぽつぽつと上がっているようですが

 

 

「歯と口の健康週間」をまーったく肌で感じておりません。

 

 

 

「海の日」なら、

「イヤッホーイッ! 海の日バンザイ!!」と、三唱する人がいると思いますが

6/4に万歳三唱する人なんて見たことないですし。

 

 

やっぱり、祝日には勝てないか・・・

 

 

 

 

 

 

社会人になると、学生の時よりも「歯と口の健康週間」に触れる機会が本当になくなります。

 

 

当然、口腔ケアなんて意識しない。

 

 

 

夜遅くに帰って、そのままおふとんゴロン・・なんてことも増えたりして

 

「なーんか最近、冷たい水が歯にしみるなぁ」と思って

鏡で口内を見たら、黒い虫歯を発見!!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・ということで。

 

 

 

自分の歯なんてそっちのけでがんばっている

働き盛りの皆々様のお口の健康を守るためのご提案をしたいと思います。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯科検診を、福利厚生に積極的に取り入れていただく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

既に取り入れている会社さまもあるようですが、

まだまだ少数なのではないでしょうか??

 

中小企業だと、なかなか難しいのだろうけども。

 

 

虫歯が大きくなってから、通院のために何度も仕事を休まなければならないよりも

全員、さくっと1日、歯科検診に行ってもらう方が、良いんじゃないでしょうか!

 

 

わたしたちも、後ろめたさを感じながら歯医者通いするのは何とも肩身が狭い

 

・・はず! たぶん!

 

 

 

 

こういう場合って、どこに向けてアプローチするのが良いんでしょうか??

 

・健康保険組合

・企業検診を行う歯科医院

・会社のエライひととか福利厚生担当者

 

 

今後、調べてみようと思います〜

 

 

 

 

 

本当は、デンタルフロスを広めたいのだけれども。

 

そもそも、口の中に興味を持ってもらわないと

フロスになんて行き着くことなんてないんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

そう考えると、長い道のりになりそうですね。。。