comogomo

結びつく瞬間 [Vol.4]


matsui_vol4
最近、定額動画配信サービスが流行っておりますね。

 

ある携帯会社である機種を機種変更する際に、
「今月中に解約すればタダなんで!」ってことで、
強制加入されたんですが、解約せずにむしろ利用してしまってる。
あるあるネタですね。

 

 

そのあるあるネタの主人公が「Netflix」です。
「Hulu」に次ぐ「第2の黒船」です。

 

二番手ってのがいいですよね。

 

キャプテン翼でいう、日向小次郎。
ドラゴンボールでいう、ベジータ。
ワンピースでいう、ゾロ。
真ん中に立たない奴らばかりです。

 

ただ、「Netflix」はど真ん中にいます。

 

 

タイトル数も多く選ぶのに一苦労で選んでいる際に一悶着あったりなかったり。。

 

多すぎるが故に選ぶのが面倒になって、前に見たことのあるタイトルを見返すことがあります。

 

 

そんな「Netflix」で、最近見たのが「最強のふたり」(デデデーン!!)

 

数年前に話題になって、日本でもフランス語映画一の興行収入だったそうです。

 

公開当初は、邦題がいかにもすぎて食いつかず、
(原題はIntouchables。[触れ合わない二人]みたいな意味らしい)
評判も良かったので後々DVDでみました。

 

内容にはふれませんが個人的に面白い映画です。

 

 

最近でいう、「オデッセイ」もそうだったんですが、集中が切れそうになりそうなタイミングで、
誰もが一度は聴いたことがあり、ノリやすい曲が挿入歌として差し込まれています。
この映画では「Earth,Wind and Fire – Boogie Wonderland」
そういうのにベタに高揚してしまいます。

 

それ以外にも多くの曲が挿入歌として使われています。

 

その中でもギターからのベースフレーズが乗っかってくるシンプルなイントロで始まる曲にビビっとヒットしてしまいました。
すかさずiPhoneを取り出し、アプリ[SoundHound(Apple Musicにも連携されるすぐれもの!)]を
使って検索すると、
Terry CallierというアーティストのYou Goin’ Miss Your Candyman

 

 

 

 

早速CDを買ってみました。

 

Terry Callier/What Color Is Love

 

 

カックイイー!!
もう、ご存命でないことが悔しい。

 

 

 

そこで、今回2回目を見てもやっぱいいなって、別のアルバム買っちゃいました。

 

Terry Callier/Occasional Rain

 

 

聴いてみると、「ん、聴いたことあるぞ?」って曲がありまして、
タイトルをiTunes内で検索してみるとNujabesがサンプリングしてる!
「だからかー!!」と、一人で納得。
原曲をNujabesらしくサンプリングしてますが、どちらもカックイイー!
 

 

 

 

まさに、映画から音楽が結びつく瞬間。
電車のドア横に立ちながら出会いにニマニマ。